不動産

信頼関係破壊の法理とは何ですか?

簡単にいいますと,建物賃貸借契約が継続的な契約であることから,債務不履行があったことのみでは解除はできず,信頼関係が破壊されていることが必要だというルールです。
このルールは民法等の法律に規定されていませんが,判例上要求されているものです。

moriya_banner_16010501_ol-750